合宿免許に対応している教習所で免許を取るまでのスケジュールは基本的に最短で取得できるように組まれています。
短期集中にもってこいのスケジュールになっていますので、期間内にスケジュールが合うのであれば合宿免許というのもいいかもしれません。
ただし注意しないといけないのは1日に乗車可能な技能教習の時限数が決まっているということです。
運転免許を取得するためには、決められた教習を終了しないといけないということになります。
普通車MTの1段階は15時限というのが決まっています。
1段階は少なくとも15時限技能教習を受ける必要があるということであって、各時限で補習が必要ということであれば追加教習を受ける必要があります。
学科教習についても決められた時限を受ける必要があります。
合宿免許であればある程度休みなく集中して技能教習や学科教習を受ける必要が出てきます。
合宿教習というのはやはり運転免許を取るための環境を必然的に作っているわけでそのために頑張っていく必要があります。
短時間で取得しないといけないのでハードスケジュールになることは間違いないようです。
もし仮にやむを得ないような事情が発生した時には合宿教習所の担当者に相談する必要があります。
合宿免許で一番気になるのが最短で卒業できるのかどうかということになるでしょう。
すべての項目および検定をストレートで合格することができたら確かに最短で卒業することは可能になるでしょう。
しかしながら、技能教習をオーバーしてしまったり、学科試験や検定試験に不合格ということになると日程を伸ばさないといけないということになってしまいます。
もしスケジュール通りいかなかった時に一番の問題となるのが検定の実施日と仮免学科の実施日がいつなのかということになります。
これらの実施日程によっては大幅にスケジュールが遅れるということもあり得ます。
できることであれば最短卒業日数+αぐらいの余裕は持っておいたほうがいいでしょう。